外部Q&A:父の遺産分割で、姉が委任した弁護士Lより何ら返答が-1151710 | 地域の行政書士ドットコム

地域の行政書士を紹介するポータルサイトです。

質問:【父の遺産分割で、姉が委任した弁護士Lより何ら返答が】

父の遺産分割で、姉が委任した弁護士Lより何ら返答がなく、委任契約書を提示を求めればよいのでしょうか?
昨年2016年8月末に父が亡くなり、姉の代理人弁護士Lから、同年9月6日付け通知書が届きました。
その文書に、「通知人(姉のこと)は民法所定の割合による分割を希望しますが、その前提として先ずは相続人の範囲及び相続財産の範囲につき調査をしたく存じます。
現状、当方で把握している財産は、別紙財産目録記載の通りです」「併せて通知人(姉のこと)としましては、故人(父のこと)の意思能力の程度等も時系列をおって把握したく存じますので被通知人(私のこと)におかれましては故人の主治医の名前及び勤務先をお知らせ下さい」との記載があります。
法定相続人は、母は既に亡くなっており、姉(長女)以外に、兄(長男)、私(次男)の実子3人、と15年前に養子縁組した私の妻、3年前に養子縁組した私の長男、次男(孫養子)の養子3人の合計6人です。
弁護士Lに対しては、財産目録の間違いを指摘する文書を送付したり、父の老人ホームの最終月の入居費用や、葬儀代、埋葬費用、父の所有する不動産の固定資産税、父の住民税などを私が負担したので、その法定分1/6を送金するように文書を送付してますが、一切の返答がありません。
父の生前、2015年、不動産経営する父(と私と私の義弟)3人が、姉家族が建築するアパートへの出資企画立案計画がありました。
ところが父が2015年8月に入院したのをきっかけとして、出資計画を白紙に戻すべく弁護士Cを通じて弁護士会仲裁センターに仲裁申し立てをしてきました。
その事件は2016年1月に和解成立となりましたが、その翌月に、代理人を弁護士Cから弁護士Lに変えて、父に対して成年後見人申立てる云々の言動をしてきました。
2015年8月に入院先の主治医に姉自身が意見を聴きに行ったのですから、主治医の名前や勤務先を知らせろとの問合せをしてくることに疑念を感じます。
ある弁護士Tさんに、相談したところ、「お姉さんは相続税の申告をしなければならないので必ず何らかのアクションを起こしてくる。
」との助言をうけましたが、昨年暮れの準確定申告も未申告のまま何ら返答がありません。
そこで、姉から弁護士Lへの『委任契約書』の提示を求めるような文書を送付しようと考えていをるのですが、どのような表現の文章を送付したらよいでしょうか?

以下ベストアンサー

弁護士Lに現在も受任しているのか その進捗状況は とお尋ねになってみてはいかがでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131698229432017-02-01 20:56:45