外部Q&A:不動産登記法について質問です。 甲建物の所有者Aが-1156666 | 地域の行政書士ドットコム

地域の行政書士を紹介するポータルサイトです。

質問:【不動産登記法について質問です。 甲建物の所有者Aが】

不動産登記法について質問です。
甲建物の所有者Aが死亡し、BCが相続人となり、相続による所有者移転登記を経たが、生前にAはXに対し甲建物を売却していたことが分かった。
この場合先例によると前提として相続による所有権の抹消の登記は要せず、AがXに対して売却した日付をもって、「年月日売買」と登記することができます。
この場合の登記義務者の記載としては現在の所有者として「B、C」となるのでしょうか?

それとも、BCとXには取引行為はないので、「亡A 相続人BC」となるのでしょうか?

ご教示お願い致します。

以下ベストアンサー

BCです。
共有者全員持分全部移転です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141706421342017-02-17 18:45:41